渋谷のソープは最高だった

その日、ぼくは渋谷にいました。
田舎から出てきた者にとって、ファンタジーの世界のようなものだった、若者の街、渋谷。
しかし田舎のぼくにとっては、若者文化より、女が優先。
渋谷の某ソープランドに突入したのであります。
受付で入浴料5000円を払って、女の子の写真を拝見。ルックスで選ぶかおっぱいを選ぶかで悩みますが、今回はルックスをとりました。
休憩室でしばし待ち、その後、エレベーターで姫とご対面です。
いいです。写真以上に魅力的な感じです。
プレイですが、まずは一緒にお風呂に入ってイチャイチャ。
その後、マットプレイに。ねっとりとして、とても気持ちがいいです。
さらに、ベッドで彼女からの丁寧な責めを全身に浴びます。
極楽浄土にいるような心地です。
そしていよいよフィニッシュ。彼女が上になって、です。
ああ、ぼくはこの日、この瞬間を迎えるために生きてきたのかもしれません。
余韻に浸りながら、彼女とお茶を飲み、名刺をもらって、さよならしました。
こんなわけで、渋谷のソープランドは大満足でした。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています